大阪 登記

住居表示(住所)と地番の違い

 よく、法務局へ行くと住所と地番の違いを質問している方を

見かけます。私も土地家屋調査士の補助者をしている始めの時は???

でした。

住居表示とは何かと言うと住所の事です。誰がどこに住んでいるかを

特定するものです。又、住んでいなくても一回家を建て、新築した際、役所に

提出すれば住居表示が定められるので解体さえしなければ○丁目○番○号のように

その建物に対しての住居表示が定められます。

それに対して、地番とは土地の所有者を特定するものです。

住所を調べる時は地図に対して、地番を調べる時は公図と言われるものを使用して

調べます。地図の地形と似ている事もありますが、公図は土地の所有者を特定する

地図ですので、地主さんが一筆地に沢山家を建てている時など、地図には5つ家が

表示されているのに対し、公図は一筆しか表示されていない事もありますので

現地の地形と異なっている場合も多々あります。

もし、一度興味がある方は、お住まいの管轄法務局

にブルーマップ(住居表示と地番が記載されたもの)が備付られてますので、

お住まいの住所から自分の家を探されて、ブルーで書かれた数字が地番ですので

その地番からおおよその地番が分かりますので

近そうな地番を選んで公図を請求されると、近隣の地番も表示されますので

周りの地形等から地番を特定し、土地の全部事項証明書(謄本)を請求されると

表題部には、土地の所在、地番、地目、地積が

甲区に持家であれば自分の名前あるいは、賃貸であれば、

オーナーさんの名前が載っています。

まぁ持家であれば毎年一回、固定資産税の納付書が届くので

その中に不動産の課税明細が載ってるので、それを見れば地番分かるんですけどね!

ちなみに、公図は1枚500円、全部事項証明書(謄本)は1枚700円

かかりますので!!!

応援クリック宜しければお願い致します。

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

クリタニ登記測量事務所HP 賃貸物件情報

大阪市阿倍野区 土地家屋調査士

大阪市阿倍野区 賃貸物件情報

不動産登記 法務局 管轄 (近畿)

登記完了予定日(近畿)

オンライン申請 関連サイト

お役立ちリンク

大阪市 申請書関係

土地家屋調査士 THE MOVIE

ブログランキング

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ



カレンダー

2018年12月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ