大阪 登記

建物の認定条件

 土地家屋調査士の仕事は土地と建物の表示に関する登記ですが

建物を登記する時、建物であれば何でも登記出来るというものではありません。

条件が整わなければ登記は出来ません

①定着性(基礎があり土地に定着している事)
②外気分断性(屋根及び周壁などで囲われている事)
③用途性(その目的とする用途に供し得る状態にある事
     居宅であれば住宅の用途としての機能を備えていること)
④取引性(不動産取引が可能な建物であること)
⑤構築性(人の手によって作られていること)

例えば、ビニールハウスは定着性がない為、建物として登記は出来ません
ガソリンスタンドは外気分断性がない為、建物として登記は出来ません。
陸上競技場、野球場も上屋が無い部分に関しては外気分断性がない為
建物として登記は出来ません。

応援クリック宜しければお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

クリタニ登記測量事務所HP 賃貸物件情報

大阪市阿倍野区 土地家屋調査士

大阪市阿倍野区 賃貸物件情報

不動産登記 法務局 管轄 (近畿)

登記完了予定日(近畿)

オンライン申請 関連サイト

お役立ちリンク

大阪市 申請書関係

土地家屋調査士 THE MOVIE

ブログランキング

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ



カレンダー

2018年10月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ