大阪 登記

土地家屋調査士の仕事③~建物表題登記編~

 ちなみに今までで一番多く出している登記がこれです。

建物表題登記!!! 

 建物を新築した場合には、1ヵ月以内に建物表題登記を申請しなければならない。
 
建物表題登記とは登記されていない建物について、初めて登記記録の表題部を開設し、

その物理的現況を明らかにする登記である。

登記記録の表題部に建物の所在(何市何区何丁目何番地何など)、種類(居宅、倉庫など)、

構造(木造かわらぶき何階建など)、床面積(1階 60㎡00 2階 30㎡00 など)、

いつ建てられ誰が所有者か、などの情報を登録する手続きです。

添付書類

  • 所有権証明書
  •   1.建築確認済証
      2.建物引渡証明書 
        (引渡人の印鑑証明書 代表者事項も要 3ヶ月以内で無くとも良い) 

  • 新築した建物の所有者の住民票
  • 建物図面・各階平面図
  •  

平均予算

土地家屋調査士に委任して登記してもらう場合、

新築 居宅 分譲などで書類が揃っている場合

約7万円~10万円の間

工場や共同住宅の場合

約10万円~15万円
(床面積や建物の形状によってはそれ以上かかる場合も)

応援クリック宜しければお願い致します。

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

クリタニ登記測量事務所HP 賃貸物件情報

大阪市阿倍野区 土地家屋調査士

大阪市阿倍野区 賃貸物件情報

不動産登記 法務局 管轄 (近畿)

登記完了予定日(近畿)

オンライン申請 関連サイト

大阪市 申請書関係

土地家屋調査士 THE MOVIE

ブログランキング

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ



カレンダー

2018年1月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ